葬儀で喪主を務めるとき

葬儀の際には、一般的には喪主が様々なことを決めますが、会場選びなどもその役割の一つとして考えられます。自宅の近くや檀家である寺院の近くを中心に、探すことで、スムーズに執り行うことができます。その時には、寺院の僧侶が出向くことが可能な葬儀会場であるかを確認することが重要です。喪主は、当日のことだけでなく、それまでの段取りも考えることになりますが、他の遺族の考えや、故人の遺志なども踏まえて計画することとなります。決めることが多いため、専門的な知識を持つ経験豊富な人に相談しながら、葬儀の段取りを考え、その段取りで進めることができる会場選びをすることも大切です。式の内容に加え、会食や香典返しなど、喪主が決断すべきことはたくさんありますので、葬儀の規模によっても使用できる会場は異なってくることも想定しておくといいです。大人数であれば大規模なものになるので、広いところを手配できるように会場選びのも配慮が必要となります。また、四十九日の法要まで済ませることができるところなどもあるため、地域や自分たちの風習などに沿って進められるところを選択することで、遺族にとっても故人にとっても、いい葬儀にすることができます。

葬儀の必須情報

↑PAGE TOP