• トップ /
  • 後悔の無い葬儀にするために

葬儀のトラブルを回避するには

人生の大イベントのひとつでもある葬儀ですが、そう何度も経験を積めるものでもありませんから、いざとなると戸惑うことが多いでしょう。喪主を務めなくてはいけなくなった時、どんなことに気をつけて葬儀を執り行えば良いのか、不安に思っている人はたくさんいます。現在は各自治体に葬儀に関する相談窓口が設けられていることもありますので、心配なことがある場合はそういった機関に連絡してみると良いかもしれません。さて、喪主としてトラブルなく式を終わらせるためには、なんといっても大切になるのがお寺や家族、親戚、故人の友人らなどへの連絡です。今は盛大に式を行う遺族も減ってきており、家族葬とも呼ばれる小規模なお葬式も一般的になってきています。故人が高齢で招く人が少なかったり、ご近所との付き合いが希薄だったりと、現代人の生活スタイルを考えればこの流れは自然なことです。しかし、このようなごく近しい身内だけのお葬式というのは、年配の方にとってはまだなじみの薄いものですから、後々呼んだ呼ばないのトラブルに発展するケースもあります。喪主は、どのような形式で葬儀を行うかを決めたら、それを周知する連絡を怠ってはいけません。そこさえしっかりとしておけば、後悔の無い式にできるでしょう。

葬儀の必須情報

↑PAGE TOP