• トップ /
  • 葬儀における喪主がすべき挨拶

葬儀の挨拶は何を話せばいいのか

葬儀が行われることになると、続柄によって喪主が決まります。特に男性であれば、人生で一度は喪主を経験される方が多いでしょう。悲しい出来事ではありますが、故人を少しでも良い形で見送りたい。そんな思いで葬儀を執り行います。近年では家族葬なども増加しており、全体的な規模としては縮小の傾向にあります。喪主になると、すべきことがたくさんあります。会場やハガキ、返礼品の手配、その中でも重要になってくるのは、参列者への挨拶ではないでしょうか。ここで参列者に対して失礼があってはいけません。しかし挨拶と言っても、必ず言わなければならないことや使ってはいけない忌み言葉などのマナーもたくさんあります。葬儀の参列者には、故人本人を知らない方もいらっしゃいます。故人の家族と親しい関係であり、お悔やみに駆けつけてくださいます。しかし喪主になったとしても、今までそんな経験がなく慌ててしまうことも多いでしょう。特に葬儀の当日というのは不測の事態というのも起こります。対応に追われたりなどで忙しいものです。告別式が終わると参列者には解散してもらうことになり、その時に葬儀の主催者として喪主が挨拶をします。時期や日取りによっても変わりますが、お通夜は故人が亡くなった当日ではなく次の日などに行われることが多いです。それまでにしっかりと準備をし、少しでも穏やかな気持ちでお別れができるようにすることが大切です。

葬儀の必須情報

↑PAGE TOP